SP Scientific 真空凍結乾燥機

小型ラボ用~パイロットスケールまで

SP VirTis/Hull 真空凍結乾燥機

SP Scientificの真空凍結乾燥機

50年以上の歴史を持つ真空凍結乾燥機の世界的老舗メーカー

SP Scientific(SP Industries社)は、旧VirTis社(現SP VirTis ブランド)、旧FTS社(現SP FTS ブランド)、旧Hull社(現SP Hull ブランド)、旧i-Dositecno社(現SP i-Dositecno ブランド)が統合して生まれた真空凍結乾燥機の総合ブランドです。

SP_FD_4brands

真空凍結乾燥機の開発と製造を始めて50年以上の歴史を持ち、USコネチカット大学やパデュー大学など凍結乾燥技術開発の世界的権威とのコラボレーションのもと、最先端のテクノロジーを搭載した真空凍結乾燥機を開発し市場に提供し続けています。

確かな品質管理基準のもとで製造された真空凍結乾燥機は、バイオファーマ(医薬品メーカー)、アカデミア、診断薬会社、試薬製造会社、ケミカルインダストリーなどを中心に世界中の多くの研究者にご愛顧いただいております。

現在、株式会社スクラムでは、SP VirTisおよびSP Hullブランドの試験研究用凍結乾燥機の国内販売とサポートを行っています。

※ 医薬品製造スケールの真空凍結乾燥機の取扱についてはお問い合わせください。

2022年 国内サポート体制のご案内

SP Scientific 真空凍結乾燥機の総合カタログを見る

幅広い応用範囲

真空凍結乾燥機のアプリケーション範囲(用途)は多岐にわたります。SP Scientificの真空凍結乾燥機は下記のようなお客様に使用されています。

  • Successfully_Freeze_Dried_Products
    ラボにおける基礎研究
  • 医薬品開発と製造
  • ワクチン開発と製造
  • 診断薬開発と製造
  • ペプチド合成
  • 研究用試薬の開発と製造
  • サプリメントの開発
  • ヒト細胞や組織の保存
  • 微生物の保存
  • 医療器材の開発

※ 食品の凍結乾燥(フリーズドライ食品)は弊社製品の応用範囲外です。

凍結乾燥の基礎と原理を知りたい方はこちら

医薬品開発製造における応用

治療薬の開発と製造では上流から下流まで様々な場面で真空凍結乾燥機が使用されます。

SP Scientificでは、創薬化学を含む探索研究(創薬段階)から製剤研究、パイロット生産、工業生産まで、それぞれのスケールに応じた真空凍結乾燥機を展開しています。

特に製剤研究~パイロット生産~工業生産においては、課題の多いスケールアップ(あるいはスケールダウン)をシームレスに行うための最先端のソリューションを提供しています(Line of Sight)。

※ 現在、株式会社スクラムでは試験研究用の真空凍結乾燥機のみ販売とサポートを行っております。

LINE_OF_SIGHT_Intgrated_600px

Line of Sight を詳しく知る

試験研究用真空凍結乾燥機 ラインナップ

バイアル用の棚板式(シェルフ式)からフラスコ用の多岐管式(マニホールド式)まで、小型の実験室用から製剤研究/プロセス開発/少量生産用まで、様々なニーズとスケールに対応する製品を取り揃えております。

  コンデンサー最低到達温度  
-55℃ -70℃ -85℃ -105℃







6 L





   
ADP_85x110px_NEW

AdVantage Pro

 

8 L
9 L
BTP_85x110px_NEW

BenchTop Pro

BTP_85x110px_NEW

BenchTop Pro

 
BTP_85x110px_NEW

BenchTop Pro




25 L






   
FM_98x125px_NEW

FreezeMobile

 
 
Genesis_100x130px_NEW

Genesis

Genesis_100x130px_NEW

Genesis

 

35 L    
Genesis_75x130px_NEW

Genesis

Ultra_92x130px_NEW

Ultra

 
LS4_100x135px

LyoStar 4.0

50 L    
Ultra_100x130px_NEW

Ultra

 

SP Scientific 真空凍結乾燥機の総合カタログを見る

小型ラボ用(実験室向け)

  棚板式 マニホールド式(多岐管式)
ADP_130x130px_NEW

AdVantage Pro

BTP_106x160px_NEW

BenchTop Pro

FM_148x200px

FreezeMobile

設置方法 ベンチトップ ベンチトップ 床置き
コンデンサー容量 6 L 8 L / 9 L 25 L
コンデンサー到達温度
(50/60 Hz)
-82℃ / -85℃ SG:-52℃ / -55℃
EG:-82℃ / -85℃
ZG:-102℃ / -105℃
-82℃ / -85℃
コントロール方式 タッチパネル式 タッチパネル式 ファンクションボタン式
主なオプション
  • 棚板段数:
    1段/2段/3段を選択
  • マニホールド:
    枝式/垂直ドラム式/水平ドラム式を選択
  • マニホールド(枝式):
    1段片面/1段両面/2段片面/2段両面を選択
  • 打栓シェルフ(空気圧式)
  • バイアル/プレート用ラック
  • コンデンサー材質
    アクリル/ガラスを選択
  • フラスコ用サイドマニホールド
  • 真空ポンプ
    油回転式/ドライ式を選択
  • 真空ポンプ
    油回転式/ドライ式を選択
  • 真空ポンプ:
    油回転式/ドライ式を選択
  • PC コントローラー
 
  • PC コントローラー
   
主な用途
  • 創薬研究(探索)
  • プロセス研究
  • ペプチド合成
  • ワクチン開発
  • 診断薬/試薬開発
  • サプリメント研究
  • ヒト細胞/組織保存
  • 微生物保存 など
  • タンパク質研究(生化学)
  • プロセス研究
  • ペプチド合成
  • ワクチン開発
  • 診断薬/試薬開発
  • サプリメント研究 など
  • ペプチド合成
  • 共通機器室

※ 多本数のフラスコを処理したい方に

製剤研究/小型パイロットスケール/少量生産用

  棚板式
Genesis_168x240px_NEW

Genesis Pilot

Ultra_183x240px_NEW

Ultra

LS4_160x245px

LyoStar 4.0

設置方法 床置き 床置き 床置き
棚板段数 3~6段 8~15段 3段 / 4段
棚板温度(50/60Hz) XL:-57℃ / -60℃
EL:-67℃ / -70℃
-67℃ / -70℃ -70℃ 以下
コンデンサー容量 XL:25 L
EL:25 L / 35 L
35 L / 50 L 30 L
コンデンサー到達温度
(50/60 Hz)
XL:-67℃ / -70℃
EL:-82℃ / -85℃
-82℃ / -85℃ -82℃ / -85℃
コントロール方式 タッチパネル式 タッチパネル式 ファンクションボタン式
主なオプション
  • 打栓シェルフ(機械式)
  • 打栓シェルフ(機械式)
  • LyoFlux(TDLAS)
  • 圧力上昇テスト(アイソレーションバルブ)
  • 圧力上昇テスト(アイソレーションバルブ)
  • Tempris ワイヤレス温度センサー
  • Sample Extractor
  • 真空ポンプ
    油回転式/ドライ式を選択
  • ControLyo 氷晶核形成制御テクノロジー
  • 真空ポンプ:
    油回転式/ドライ式を選択
  • PCソフトウェア コントロール(LyoS 2.0)
  • Sample Extractor
  • PCソフトウェア コントロール(LyoS 2.0)
  • クリーンルーム仕様
  • 真空ポンプ
    油回転式/ドライ式を選択
  • クリーンルーム仕様
 
  • クリーンルーム仕様
    LyoStar 4.0は、Auto-MTM/SMART テクノロジー(圧力上昇テスト含む)、打栓シェルフ、LyoS 2.0 ソフトウェアコントロールが標準装備されています。
主な用途
  • 製剤研究
  • プロセス研究
  • ワクチン開発
  • 診断薬/試薬開発
  • サプリメント研究
  • ティッシュエンジニアリング など
  • 診断薬/試薬生産
  • ワクチン生産
  • ティッシュエンジニアリング など
  • 医薬品の製剤研究における凍結乾燥サイクル開発

SP Scientific 真空凍結乾燥機の総合カタログを見る