HOME > 製品・サービス > 分子間相互作用解析装置

ハイアフィニティ分子間相互作用解析システム KinExAシリーズ

結合平衡除外法(Kinetic Exclusion Assay: KinExA法)を用いた分子間相互作用解析装置です。

SPR法では測定が難しいpMからfMレベルのkd値を持つ抗体の親和性を正確に評価することができます。また、細胞表面に発現するターゲット分子に対する親和性の測定も可能です。抗体医薬品を開発する多くの企業様でご利用いただいています。

セルベース・タンパク質相互作用解析装置 LigandTracerシリーズ

細胞表面に発現するタンパク質とそれに結合する抗体やリガンドの相互作用をセルベースで測定できる装置です。

従来のSPR法では、膜タンパク質の構造を保ったままアフィニティ―測定をすることはできませんでした。あるいは難溶性の膜タンパク質はアフィニティ測定自体ができませんでした。このシステムはセルベースなので、抗体などの膜タンパク質に対する親和性を生理条件下でそのまま測定していただけます。