ウェスタンブロット用 化学発光スキャナー
C-DiGit

Your western blot imaging made simple

化学発光スキャナー C-DiGit
remote_demo_banner
campaign_banner_yellow

ケミルミによるウェスタンブロットの撮影をもっと手軽に安価で!

わすか2.2 kg、A4サイズ、108万円の化学発光専用スキャナーです

cdigit-cost-saving

「こんなウェスタブロット撮影装置があったんだ!」
はじめてC-DiGitを見た方の多くがそうおっしゃいます。

なるべく安価なウェスタンブロットイメージャーを探している
共通機器室の予約が面倒くさい、混みあっている
X線フィルムから手軽に切り替えたい
 学部学生でも簡単に使えるイメージャーが欲しい

そんな方に最適なウェスタンブロット撮影装置です。

C-DiGitのカタログをダウンロードする

その手軽さが人気です

「自分たちのラボに気軽に使えるウェスタンイメージング装置が欲しい」

cdigit-open

C-DiGit 化学発光スキャナーはそんなご要望を安価に満たしていただける装置です。
(標準価格108万円)

  • 共通機器室まで行くのが大変。
  • 他のラボの装置を借りるのは気を遣う。
  • X線フィルムからデジタルに手軽に切り替えたい
  • それほどハイパフォーマンスな装置はいらないが気軽に使える装置が欲しい。

そんな方にはC-DiGit 化学発光スキャナーがピッタリです。

「わずか2.2 kg、ほぼA4サイズ」

cdigit-drawer

C-DiGit 化学発光スキャナーは超軽量&小型です。

実験室の机の引き出しにしまっておいて必要な時に取り出してお使いいただくこともできます。

撮影(スキャン)までの待ち時間はほとんどありません。

Image Studio for C-DiGit ソフトウェアのインストールされたPCをUSB接続(あるいはLAN接続)していただくだけで、すぐにスキャンを始めていただけます。

「驚くほど簡単な操作性」

CDG_software_animation

C-DiGit 化学発光スキャナーは操作方法もとてもシンプルです。

基質と反応させたブロットを用意し、ソフトウェアのボタンを1つ押すだけですぐに画像をすぐに取得していただけます。従来の装置のような複雑な露光設定は不要です。

また、バンド濃度の数値化も極めて簡単です。目的のバンドの上でクリックするだけで、数値データを簡単に得られます。

ユーザーの声

Others in our lab and especially first-timers, who have never done blots before, like it because it is streamlined and straightforward.

 Lisa Keyes, University of Florida 

…the massive amount of film I used to go through was an inconvenience, which now has been completely eradicated by this little machine.

 Dr. Rikash Reebye, Imperial College London, UK 

C-DiGitに寄せられたユーザーの声をさらに見る

十分すぎるパフォーマンスと使用実績

「効率的に発光シグナルを取得する光学系」

cdigit_short_distance

光の強さは距離の2乗に反比例します(遠ければ遠いほど届く光の量が少なくなる)。

X線フィルムでは、フィルムとブロットの距離が近いことが検出感度の点で有利に働きますが、C-DiGit 化学発光スキャナーの検出系はそれに似ています。

C-DiGitでは、検出器(低ノイズCCDアレイ)と検出対象(ブロット)の距離が1mm未満です。

そのため、高価な冷却CCDカメラを使わずに、ほとんどのタンパク質に対して十分な感度で化学発光ウェスタンブロットの画像を取得することを可能にしています。

cdigit_comparison_to_ccd_film

「優れたダイナミックレンジ」

cdgt_vs_film_linearity

X線フィルムによる検出は、長時間の露光を行うことで、どのデジタルイメージング装置よりも感度を高くできるというメリットがあります。

一方で、X線フィルムは、直線性を得られるダイナミックレンジが極めて狭いというデメリットがあります。暗闇の中で何度も露光を繰り返し、適した露光時間を探すのは大変です。

C-DiGit 化学発光スキャナーは、1回のスキャンだけで、リニアリティの高い優れたデジタル画像を簡単に取得していただけます。

cdgt_vs_film_image
論文に裏付けされた使用実績
paper_icon_small

C-DiGit 化学発光スキャナーで得られたウェスタンブロットデータを使った多くの査読済み論文が上梓されています。

論文例の一部(>400報)は、 LI-COR社 Publication Databaseで検索していただけます。

日本国内の導入台数は400台を超えます。

自分たちのタンパク質を検出できるか試したい(デモ依頼)

機能的で使いやすいソフトウェア

cdigit-pc

C-DiGit 化学発光スキャナーには、装置のオペレーションと画像解析を兼ねた使いやすいソフトウェアが付属します( Image Studio for C-DiGit)。

ソフトウェアはWindows OSとMac OSのどちらにもお使いいただけます。

※ 本体ご購入時にPCは標準では付属いたしませんのでご注意ください。

C-DiGitのソフトウェアについてさらに詳しく知る

アッセイ試薬と実験サポート

化学発光ウェスタンブロット試薬

Chemi_WB_reagents

発光試薬(基質)HRP標識二次抗体、有色分子量マーカーの上をなぞることでは発光反応で光る ケミルミマーカーペン化学発光分子量マーカーなどの試薬を提供しております。

試薬消耗品のページはこちら

実験サポート

lambdau-laptop-xl

充実したサポート情報はユーザーサポートページをご覧ください。

ウェブによるオンデマンド・トレーニングも受講いただけます。
各実験ステップにおける実験のコツも含めて解説しています(言語は英語)。

Lambda U オンデマンドトレーニングコースを見る

製品仕様

cdigit-straight
製品番号 3600-00
品名 C-DiGit 化学発光スキャナー
イメージングエリア 10.0 x 8.5 cm
検出器 低ノイズCCDアレイ
解像度 196 μm x 196 μm
画像取得時間 約6分(標準)、約12分(高感度)
画像フォーマット 16-bit Floating Point TIFF
本体サイズ 幅22.24 x 奥行27.94 x 高さ7.3 cm
本体重量 2.18 kg
動作環境 15-30 ℃(露点温度25℃以下)
本体の必要電源 100-240 VAC(変動幅10%まで)、最大 1A、50/60 Hz
コンピューター 別途必要(Windows あるいはMac)
※ 必要とされる仕様の詳細については こちらをご覧ください。
接続 USBあるいはLAN(10BASE-T/100BASE-TX)
※ USBケーブルとLANケーブルは本体に付属します。
付属ソフトウェア Image Studio for C-DiGit ソフトウェア(1ライセンス)

C-DiGitのカタログをダウンロードする