Myra 自動分注ワークステーション

リアルタイムPCRの反応セットアップを自動化

PCRセットアップ用 自動分注ワークステーション Myra

リアルタイムPCR実験の反応セットアップを自動化したい方に

「ルーティンで行うリアルタイムPCR実験の反応セットアップを自動で行いたい」

「384プレートによるリアルタイムPCRの反応セットアップに手間取っている」

「プレート間差やウェル間差の少ないリアルタイムPCRデータが欲しい」

Myra 自動分注ワークステーションはそんな方に最適なシステムです。

Myra-performance-hero-1

96/384プレートをはじめとする様々なフォーマットに対応

BMS-Myra-page-DEV_07

Myraはとてもフレキシブルです。

様々なラボウェアの情報がソフトウェアにあらかじめ登録されており、96あるいは384ウェルPCRプレートを用いる各社のリアルタイムPCR装置(あるいはサーマルサイクラー)に使用できます。

もちろんBio Molecular Systems社の姉妹製品 MicリアルタイムPCRのセットアップにも対応しています。

Qiagen社のRotor-Gene Qの反応セットアップも可能です。

ソースチューブには、1.5 / 2.0 / 5.0mL マイクロチューブ、10mL 試薬ボトル、0.2mL ストリップチューブなどを使用できます。

※ Myraは将来的にはNGSのライブラリ調整あるいは核酸自動抽出も実施できるように機能が拡張される予定です。

世界で初めての「見る」キャリブレーション

SW-7_modified

ウェル間差、プレート間差、実験者間差の少ない優れた定量PCRデータは、反応セットアップに自動分注装置を使用することのメリットの1つです。しかし、そのためには、分注ピペットの分注位置を常に正確にキャリブレーションしておくことが大切です。

これまでの自動分注装置では、このキャリブレーションを自分の目で見ながらマニュアルで行っていました。

Myraは違います。

分注ヘッドに備え付けられた微小カメラがウェルの中央を自動で認識してキャリブレーションを実行します。また、微修正が必要な場合もウェルを真上から映すカメラ画像を見ながら調整できます。

分注位置の難しい調整や、キャリブレーションのためにサービスマンを呼ぶ必要はなく、常に最適なコンディションでお使いいただけます。

精確かつスピーディー

precision-vs-accuracy

優れたデータを迅速に得るためには精確性と分注スピードの両立が大切です。

Myraは96ウェルPCRプレートの反応セットアップをわずか約20分で完了します。
5 μL分注時のCV値は1%未満です。

また、圧力センサーが液量不足や不意の衝撃などを自動で感知してお知らせするので、自動作業を安心して任せることができます。

小型で場所を取らないシステム設計

myra-dimensions

Myraのフットプリントは、幅35cm x 奥行46cmと小さいため、実験室で場所を取りません。

重さも9kgと軽量なので、場所を移しての使用も容易です。

内部にはHEPAフィルターとUVランプが内蔵されており、常にクリーンな環境で分注作業が実行されます。安全キャビネットの中に装置を入れる必要はありません。

製品仕様

Myra_spec
パフォーマンス
位置制御 100 μm 間隔
位置較正 高精度カメラ
分注性能
ピペッティング範囲 1-50 μL
液量レベル検出 圧力センサー
チップ数/ラック 384
ディスペンスモード シングルあるいはマルチ
精度 1 μL:      < 10% CV
5-50 μL: < 1% CV
正確度 1 μL:      < 10%
5-50 μL: < 1%
汚染対策
チップ排出と回収 装置内部の廃棄ボックスに回収
HEPAフィルター 粒子捕集率 99.98%(0.3 μm 粒子)
UVランプ 高輝度 UV LED(280 nm、70 mW)
サイズと重量
サイズ 幅350 x 奥行460 x 高さ310 mm(リッド開放時の高さ610 mm)
重量 9 kg
動作環境
温度 18-30 ℃
相対湿度 30-80 %
必要電源(本体) 100-240 VAC、50/60 Hz、4 A
制御用コンピューター(別途必要)
必要要件 Intel Core i3 相当以上
4 GB RAM 以上
5 GB HDD 以上(空き容量)
ディスプレイ解像度 1366 x 768 pixels 以上
接続方式 USB 2.0