> アプリケーション例 > 免疫細胞によるキリングアッセイ(がん免疫療法)

アプリケーション例

免疫細胞によるキリングアッセイ(がん免疫療法)

51Crリリースアッセイ、LDHアッセイ、フローサイトメーターに満足されていますか?

xCELLigence® リアルタイム細胞解析システムを使用すると、がん細胞に対する免疫細胞の傷害活性を、RIや染色試薬を用いずにラベルフリーで簡単に、しかも高感度に測定していただけます。

ラベルフリー

アイソトープ(51Cr)、ルシフェラーゼ、(蛍光)染色試薬などを使いません。
測定時に細胞を剥がす必要もございません。

手間いらず

使用方法は至って簡単。
ターゲット細胞を播種してエフェクター細胞を加えるだけで、自動的にカイネティックデータを取得できます。

低いバックグラウンド

エフェクター細胞の生死の影響を受けづらいバックグラウンドの低いデータを得られます。

ハイスループット

最大96ウェルプレート6枚を同時あるいは別々に測定していただけます。
1タイムポイントのデータ取得は15秒以内で完了します。

長期の傷害性を評価可能

従来のアッセイ法と異なり、短期(数時間)だけでなく長期(数日)の傷害性も測定していただけます。

ビボ実験との高い相関性

生理的な条件に近い低いET比で傷害性を検出していただけます。

様々な種類のがん免疫療法の実験に

CTL療法、NK細胞療法、CAR-T療法、TCR-T療法、チェックポイント阻害剤、ADCC、BiTEsなど様々なモダリティの実験に使えます。

ラベルフリー&リアルタイム がん免疫アッセイの原理

金電極センサーをウェル底面に配置した専用マイクロウェルプレート(E-Plate)を使用することで、細胞接着と細胞増殖をラベルフリーで非侵襲的に連続測定していただけます。測定は常に培養環境下で行われます。

ラベルフリー&リアルタイム がん免疫アッセイの原理

ステップ1

ターゲット細胞(接着性のがん細胞)をE-Plateに播種します。センサーからの電気抵抗シグナルはCell Index(CI)としてプロットされ、細胞のウェル底面 への接着と増殖に伴って上昇します。ウェル内がほぼ100%コンフルエント となるとCIの上昇は止まり、ほぼ水平になります。

ステップ2

次にエフェクター細胞を添加しますが、エフェクター細胞は浮遊系のためセンサーに反応せず、CIはほとんど変化しません。

ステップ3

エフェクター細胞がターゲット細胞を攻撃し、ターゲット細胞の溶解が始まると、センサーは敏感にそれを感知し正確にCIの減少として反映します。
エフェクター細胞の種類、ターゲット細胞の種類、改変抗体の種類、ET比などを異なる条件に設定した全てのウェルから同時にデータ取得がなされ、各ウェル毎のリアルタイム細胞傷害性カーブとしてソフトウェア画面上にプロットされます。

ステップ4

オプションのがん免疫実験用ソフトウェアを使用すると、通常のリアルタイムプロット(上のプロット)で表示した後、数クリックで簡単に% Cytotolysis(下のプロット)、IC50、KT50を算出できます。
※KT50(Killing Time 50):ターゲット細胞の半数が傷害を受けるまでの時間(エフェクター細胞がどれだけ迅速にターゲット細胞を殺すことができるかの指標)。

 移動浸潤アッセイの論文リストはこちらからダウンロードしてください。

免疫細胞によるキリングアッセイが可能な製品

リアルタイム細胞アナライザー xCELLigence RTCA DP システム (dual-plate)

3×16 wells

リアルタイム細胞アナライザー xCELLigence RTCA SP システム (single-plate)

1×96 wells

リアルタイム細胞アナライザー xCELLigence RTCA MP システム (multiple-plate)

6×96 wells

リアルタイム細胞アナライザー xCELLigence RTCA HT システム (high-throughput)

Up to 4×384 wells

 

xCELLigence S16

2×8 wells

資料ダウンロード

がん免疫研究に関連したその他の製品

シングルセルV(D)J レパトア解析

シングルセル
V(D)J レパトア解析

超高感度サイトカイン定量

超高感度サイトカイン定量

CTCs濃縮回収

CTCs濃縮回収

CoLabo_Logo

ペプチド合成
抗体作製

お問い合わせ

会員登録済みのお客様はログインいただくことで、ご入力を省略して簡単にお問い合わせいただけます。

入力フォーム読み込み中…フォームが表示されない場合