HOME > 製品・サービス > 有機合成装置 > Radleys 有機合成装置 > ジャケット式リアクター Reactor-Ready シリーズ

Radleys 有機合成装置

ジャケット式リアクター Reactor-Ready シリーズ

ジャケット式リアクター Reactor-Ready シリーズ

フレキシブルで使い勝手の良いジャケット式リアクター

豊富なサイズのベッセルを数分で簡単に交換できます

Radleys社のReactor-Readyシリーズは、ラボでのスケールアップ合成や生産スケール前の反応条件検討、あるいは小規模の生産まで対応するガラス製のジャケット式リアクターです。

すべての作業者が簡単にシステムをセットアップし、かつ安全にスケールアップ合成を行うことができるように設計されています。

ベッセルをわずか数分で簡単に交換

Reactor-Readyシリーズは様々なサイズのガラスベッセルを自分で簡単に交換して使用することができます。

What our customer says

The first time I changed vessels, it took about 5 minutes but now I can change in less than 2 minutes. I get one stand which fits all sizes up to 5 liters. I get overhead stirring on all scales.

- Researcher, Process R&D Group, Leading US pharmaceutical company

ベッセルとオーバーヘッドスターラーの取外し/取付け

RR_vessel_clamp

独自のベッセルクランプにより、特別な工具を使用せずに容易にベッセルを交換することができます。

所要時間はわずか数分! 合成スケールの変更を簡単に行うことができます。

また、ベッセルのネックに取り付けられたSupport Collarにより、クランプを緩めてもベッセルが落下せず保持されるので、安心して一人で交換作業を行うことができます。

※ 全てのサイズのベッセルを同じクランプで保持することができます。

RR_vessel_Oring

ベッセルとリッドの間のOリングにはPTFEカラーが付いているので、正確な位置への配置が簡単で、しっかりと密閉されます。

RR_Stirrer_exchange

オーバーヘッドスターラーとスターラーシャフトの取り付けには、特許取得済の’drop-in’カップリングを採用しています。

ベッセル交換に伴うシャフト交換の際にも、わざわざオーバーヘッドスターラーをフレームから取り外すがなく、シャフトと独立して作業ができるので、簡単で安全です。

※ Heidolf Instruments社等のオーバーヘッドスターラーを使用できます。

熱媒体のドレインとホースの取外し/取付け

RR_thermo connections

循環恒温装置からの熱媒体用断熱ホースは、まず本体フレームに取り付けられたマニホールドに接続し、そこからガラスベッセルに繫ぎます。

長くて重い断熱ホースを直接ガラスベッセルに接続しないため、ベッセルの熱媒体供給口・排出口の破損を防ぎます。

ベッセル交換前の熱媒体の排液も容易です。上部マニホールドのバルブを開くと、流路に空気が入り、ベッセルとホース内の熱媒体が重力により自然に循環恒温装置に戻ります。ホース内に残った熱媒体も下部マニホールドのバルブを開くことで簡単にドレインできます。

RR_Theermo horse

熱媒体ホースの取外しと取付けも極めて簡単です。

スクリューによるクイックリリース接続なので、スクリューを回すだけで簡単にホースを外すことができます。接続時もスクリューを手で回すだけで特別な工具は不要です。

Viton製Oリング付きのPEEKカップリングは高い化学耐性をもちます。PEEKは熱電圧率が低いので冷却時の着霜も最小限です。

また、金属を使用していないためベッセルの細いガラス部分への負荷が最小限で破損を防ぐことができます。

豊富なベッセルタイプ

Reactor-Readyシリーズでは、豊富なサイズの様々なタイプのベッセルをご使用いただけます。

標準形状のベッセルに加えて、プラントスケールのリアクターを模した、高さ:底面比率=1.25:1の平底タイプのベッセル(プロセスベッセル)もご用意しています。生産スケールの反応条件検討に最適です。

また、断熱効果を高めたバキュームジャケットの選択も可能です。

  スタンダードベッセル プロセスベッセル
 
Vessel Type_1
Vessel Type_2
Vessel Type_3
Vessel Type_4
  シングルジャケット バキュームジャケット シングルジャケット バキュームジャケット
Reactor-Ready Lab 250mL, 500mL, 1L, 2L, 3L 100mL, 250mL, 1L, 2L, 3L, 5L
Reactor-Ready Duo Lab 250mL, 500mL, 1L, 2L, 3L 100mL, 250mL, 1L, 2L, 3L, 5L
Reactor-Ready Pilot 5L, 10L, 15L, 20L, 30L, 35L 5L, 10L

コントロールソフトウェア AVA

AVA

Reactor-Readyシリーズは、オプションのAVAソフトウェアにより、PCによる反応条件のコントロールとデータログが可能です。

反応条件は昇温/降温速度や撹拌速度のコントロールなどを制御可能で、複雑な実験プログラムの制御に特に有効です。

データログ機能は次の実験条件のデザインに役立ちます(DoE)。

AVAソフトウェアにはLevel 1~4の4種類があり、レベルによりソフトウェアで制御できるコンポーネントが異なります。

Level 4では、オーバーヘッドスターラーや循環恒温装置はもちろん、電子天秤、ポンプやpHメーターなど様々なデバイスの制御とデータログが可能です。

AVAソフトウェアの詳細をみる

その他の特徴

E3-Reactor-Ready-10-640x400
RA15345-Reactor-Ready
E3-Reactor-Ready-4-1-640x400

スターラーシャフトは、スターラーガイドがスクリューによりベッセルガイドに直接取り付けられます。そのため、スターラーシャフトがベッセルに常に真っ直ぐに挿入され、スターラーシャフトの不要なガタつきが起きません。

また、スターラーシャフトの位置調整もフレームのホルダーにより容易に行うことができます。

スターラーアライメントの動画はこちら

ベッセルの底部には、プロダクト取り出しのためのストップコックが付いています(V4/V5 Zero Dead Space Drain Stop Cock)。

デッドボリュームを低減できる形状のため液残りが最小限です。また、締め付け過ぎによるガラスの破損を防止します。

すべてのサイズのベッセルに同じガラスリッドを使用することができます。

Reactor-Ready LabとDuo LabはDN100 5ポート・ガラスリッド、Reactor-Ready PilotはDN200 7ポート・ガラスリッドがすべてのベッセルにフィットします。

製品ラインナップ

ジャケット式リアクター Reactor-Readyシリーズ
Reactor-Ready Lab Reactor-Ready Duo Lab Reactor-Ready Pilot
E18-Reactor-Ready-1
E18-Reactor-Ready-Duo-1
E18-Reactor-Ready-Pilot
  • ベッセル容量: 100 mL ~ 5 L
  • 搭載ベッセル数: 1
  • 反応温度: -70℃ ~ +230℃
  • リッド: DN100(ガラス/PTFE)

ラボレベルでのスケールアップ合成や
製造スケール前の少量での条件検討に

  • ベッセル容量: 100 mL ~ 5 L
  • 搭載ベッセル数: 2
  • 反応温度: -70℃ ~ +230℃
  • リッド: DN100(ガラス/PTFE)

スケールアップ合成や反応条件検討、
特に大容量のパラレル反応や2段階反応に

  • ベッセル容量: 5 ~ 35 L
  • 搭載ベッセル数: 1
  • 反応温度: -70℃ ~ +230℃
  • リッド: DN200(ガラス/PTFE)

パイロットスケールでの少量生産、
製造スケール前の条件検討に

Radleys社ではオーダーメイドのジャケット式リアクターの製造も承っております。詳細はこちらをご覧ください。