HOME > 製品・サービス > 有機合成装置 > Radleys 有機合成装置 > 4連独立式 パラレル合成ステーション Mya 4

Radleys 有機合成装置

4連独立式 パラレル合成ステーション Mya 4

フレキシビリティに優れた
4連独立式のパラレル合成装置

4つの反応ゾーンをそれぞれ別々に制御できるパラレル合成装置です

4連独立式 パラレル合成ステーション Mya 4

様々な反応を1台でパラレルに

フレキシビリティに優れたパラレル自動合成装置です

Mya 4は、4つの異なる液相反応を並列に制御できる自動化反応ステーションです。
反応温度、撹拌法、反応器の選択肢が広く、様々な反応を1台で行えます。

洗練されたソフトウェアにより、データログの取得が可能で、反応条件の再利用と調整も効率的に行っていただけます。

1台で4つの反応条件を並列に制御

1台で4つの反応条件を並列に制御

Mya4は4つの反応ゾーンをもちます。それぞれの反応ゾーンは、異なる反応容器を、異なる温度と異なる撹拌方法・撹拌速度で独立に運転できます。

  • 1人の研究者が異なる条件での合成をパラレルに実施できます
  • 複数の研究者が個別の合成実験をパラレルに実施できます

液相反応を少ないスペースでパラレルに行いたいラボや並列反応で時間を削減したい下記のようなラボに最適なシステムです。

  • 多数の合成条件(合成ルート)の検討を同時に行うプロセス化学研究
  • 誘導体合成を複数同時に行うリード最適化研究
  • 長時間の昇温/降温制御が必須な結晶化研究

様々な合成条件にフレキシブルに対応

What our customers say...

"The flexibility is key: the stirring options, different vessel sizes and shapes, and the ability to have different colleagues using it at the same time.”

- Johnson Matthey, Cambridge, UK

4つの反応ゾーンを 個別にセットアップ可能

温度条件

温度条件

撹拌条件

撹拌条件

反応容器

反応容器

加熱反応も冷却反応も可能です。

  • 加熱: +180℃まで
  • 冷却: -30℃まで

隣り合う反応ゾーン間での温度干渉のない断熱構造をもちます。

冷却は水道水(15℃)だけで-25℃まで冷やすことが可能、外部チラーは不要です。パワフルなペルチェ素子で迅速に冷却します。

マグネットスターラーによる撹拌だけでなくオーバーヘッドスターラーによる撹拌も可能です。

  • マグネットスターラー:100~1,000 rpm
  • オーバーヘッドスターラー: 100~1,000 rpm

様々な種類とサイズの反応容器(ベッセル)を使用可能

  • 2~400 mL
  • バイアル、試験管、丸底フラスコ、プロセスベッセルなど
  • ワイドネック、サイドアーム、バッフル付きなど

※ その他に不活性ガスの供給なども可能です。

合成ワークの生産性を向上

Mya 4は、複数の反応を並行して行うことが可能なので、実験の時間を削減できます。しかしそれだけではありません。Mya4をご使用いただくことで、他のパラレル合成装置よりも、ラボの生産性をより向上していただけます。

  • オイルバスやアイスバスと異なり手間がかからず簡単
  • ソフトウェアでの自動制御により安全に反応が可能
  • マニュアルエラーを低減
  • 常時、無人運転が可能
  • 実験法の構築や再現、実験結果の共有が簡単
  • 複雑な多段ステップの反応や複数デバイスの設定が簡単
  • PCソフトウェア(オプション)により、ポンプや天びんなどサードパーティのデバイスを一括管理
  • 実験スペースを節約
合成ワークの生産性を向上

動画を見る

Mya 4 製品紹介

フルバージョンの製品紹介動画です

Mya 4 製品紹介

フルバージョンの製品紹介動画です

システムセットアップ例

ディスカバリー・セットアップ プロセス・セットアップ
Discovery set-up
Process set-up

探索研究段階の合成のためのセットアップ例です。異なる種類の容器を組み合わせて様々な反応をパラレルに行います。

  • リード化合物の最適化
  • 合成反応の最適化
  • 試薬/触媒/溶媒などの反応スクリーニング

など

プロセス開発の合成のためのセットアップ例です。同一の容器で異なる条件での合成をパラレルに行います。

  • DoE(実験計画法)
  • 合成ルートの検討
  • 反応温度や反応時間の検討
  • 試薬の種類や濃度の検討
  • 溶媒の選定
  • スケールアップ
  • 結晶化研究、結晶多型探索

など

製品仕様

反応ゾーン 4
設定温度範囲(ブロック:Tb) -30~+180℃
設定温度範囲(反応溶液:Tr) -25~+175℃
温度設定 ±0.1℃
隣接ゾーン間の温度差 200℃ 以下まで
撹拌方法 マグネットスターラー(標準)、
オーバーヘッドスターラー(オプション)
撹拌速度 マグネット:100~1000rpm
オーバーヘッド:100~1000rpm
操作方式 タッチパネル式コントロールパッド(標準)、
PC制御用ソフトウェア(オプション)
反応ステップ数 コントロールパッド:10ステップ
PCソフトウェア:無制限
反応容器 2~400mL
バイアル、試験管、丸底フラスコ、プロセスベッセルなど
アクセサリー 冷却器、滴下ロート、固体添加用ロート、温度プローブなど
機器の冷却

水道水、または循環冷却装置を使用
冷却水の温度により到達温度が異なります。

  水道水(15℃) 循環冷却装置(5℃)
到達温度(ブロック) -25℃ -30℃
到達温度(溶液) -20℃ -25℃
サイズ(WxDxH) (本体)600 x 360 x 370 mm
(コントロールパッド)205 x 155 x 82 mm
重量 (本体)33.2 kg
(コントロールパッド)1.5 kg
電源 100-240 VAC, 50/60Hz