超高感度ELISA Simoaシリーズ

従来の限界を突破する超高感度イムノアッセイ

超高感度ELISA Simoa シリーズ

体液中の微量タンパク質(バイオマーカー)を超高感度に測定

従来のELISAの感度不足の問題を解決

simoa_02

ELISAの感度不足で困ったことはありませんか?

米国Quanterix社のSimoaシリーズは、業界最高の測定感度を誇る新生代のELISAプラットフォームです。

体液中に微量にしか存在しないタンパク質やペプチドを精確に定量していただけます。その測定感度は従来のELISAの平均1,000倍で、フェムトモーラーレベル(fM)の微量アナライトの定量が可能なため、これまでのバイオマーカー測定の限界を超えていただけます。

Quanterix社は、Simoa Technologyを用いたタンパク質・ペプチドバイオマーカーの超高感度かつ精確な測定により、早期診断および精密診断の新たな未来を拓くことを目指しています。

また、より優れた薬効バイオマーカーおよび毒性バイオマーカー測定法の提供により、新薬の創出に貢献します。

こんな方におススメです

  • 神経バイオマーカー(認知症バイオマーカーなど)を血液から非侵襲的に測定したい。
  • サイトカインやケモカインが定量限界以下になって困っている。もっと高感度に測定したい。
  • 疾患のもっと早期にタンパク質バイオマーカー(あるいはペプチドバイオマーカー)を測定したい。
  • 新たに発見したタンパク質バイオマーカーの測定感度を上げたい。
  • 高分子医薬品の血中薬物濃度測定(PKアッセイ)の感度をもっと上げたい。

アプリケーション(疾患領域)

Simoa Technologyは神経疾患をはじめとして、がん、免疫疾患、心疾患、感染症など様々な疾患領域のバイオマーカー研究で使用されています。

新型コロナウイルス研究の特設サイトはこちら

採用論文

Therepeutic_area_logo_1
Simoaシリーズは、世界中の多くの著名研究者に使用され、
毎年その論文数が右肩上がりで増加し続けています。
2021年11月現在、1,500報以上の学術論文で
使用されています。
Therepeutic_area_logo_2

Simoaの論文を検索する

Simoa アッセイキット

Simoa シリーズでは、既に多くのアッセイキットがラインナップされており、これからも充実していく予定です。

Assay kit number

Simoaのアッセイキットを検索する

また、 Homebrew Assay Kitを用いてカスタムアッセイの構築も可能です。

Simoa Technology

Simoa シリーズでは、機種によって異なる2つの超高感度化技術が使われています。 Simoa HD-XとSR-XではSimoa Bead Assay Technology、SP-XではSimoa Planar Array Technologyが使われています。

Simoa Bead Assay Technology(Simoa HD-X / SR-X)

Simoa HD-XとSR-Xでは、 Simoa Bead Assay Technologyを用いて、ビーズ上で反応させたアナライトを専用ディスク内のピコリットルサイズ(50 fL)の微小ウェルで検出します。ビーズ上に1分子でも反応すれば検出が可能です。

極低濃度領域ではアナライトをデジタル検出するのでデジタルELISAとも呼ばれます。

Simoa Bead Assay Technologyの原理

Simoa Bead Assayの詳細をお知りになりたい方は下記のページをご覧ください。

Simoa Planar Array Technology(SP-X)

SP-Xではキャプチャー抗体が円形に固相化された専用クリアボトムプレートを用いて検出を行います。

ユニークなキャプチャー抗体固相化デザイン、ミキシングインキュベーション技術、インテリジェントなプレート検出アルゴリズムにより、従来のプレートELISAの平均1000倍の感度で最大10プレックスの同時測定を可能にしています。

Simoa Planar Array Technologyの原理

Simoa Planar Arrayの詳細をお知りになりたい方は下記のページをご覧ください。

製品ラインナップ(機種比較)

Simoaシリーズには3機種がラインナップされています。 Simoa HD-XとSR-Xは同じ検出技術が使われていますが、自動化されているかという点とスループットが異なります。
SP-Xは、サイトカイン(あるいはケモカイン)のマルチプレックス測定(多項目同時測定)を高感度に行いたい方に向いたシステムです。

詳細はそれぞれの製品ページをご覧ください。

 
HD-X
SR-X
SP-X
  Simoa HD-X SR-X SP-X
測定原理 Simoa Bead Assay Simoa Bead Assay Simoa Planar Array
感度 fM レベル fM レベル fM レベル
ワークフロー 全自動測定 半自動測定 半自動測定
スループット 288測定/ラン 96測定/ラン 96測定/ラン
マルチプレックス 6-Plex 6-Plex 10-Plex
必要サンプル量(平均) 40 μL 32 μL 25 μL
核酸アッセイ 不可 不可
装置の設置 床置き ベンチトップ ベンチトップ
装置サイズ(WDH) 141.4 x 89.7 x 161.2 cm 55.9 x 72.9 x 55.2 cm 28 x 61 x 36.5 cm
装置重量 269 kg 54.53 kg 30 kg
推奨研究分野 ◎ 神経変性疾患研究
◎ 心疾患研究
○ がん免疫研究
○ 免疫疾患研究
○ 感染症研究
○ PKアッセイ
◎ 神経変性疾患研究
◎ 心疾患研究
○ がん免疫研究
○ 免疫疾患研究
○ 感染症研究
○ PKアッセイ
◎ がん免疫研究
◎ 免疫疾患研究
○ 感染症研究
○ PKアッセイ
  詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

デモ・見積りを依頼する