HOME > 製品・サービス > イムノアッセイ > 超高感度ELISA Simoa シリーズ > 超高感度オートELISA Simoa HD-X システム

Simoa シリーズ

超高感度オートELISA Simoa HD-X システム

史上最高感度の
新世代自動イムノアッセイシステム

Quanterix社 Simoa HD-Xシステムは、デジタルELISAの技術を用いた
新世代の自動イムノアッセイシステムです。
血清・血漿サンプル中の低濃度バイオマーカーの正確な定量を可能にします。

超高感度オートELISA タイトル

製品カタログ

従来のELISA法では測定できない低濃度の体液バイオマーカーを高感度に自動測定

quanterix_detect

Simoa HD-Xシステムは、デジタルELISA技術を用いた新たな自動イムノアッセイプラットフォームです。従来のELISA系で定量が困難だったフェムトモーラー(fM)レベルの低濃度のタンパク質やペプチドを優れた再現性で正確に定量することができます。サンプルと試薬をセットするだけで、インキュベーション、洗浄、測定、データ解析まで全自動で行うため多サンプル測定の手間を大幅に減らすことができます。

  1. 従来のプレートELISAの約1,000倍の測定感度
  2. 全自動測定(288データポイント/ラン)
  3. 高い定量再現性
  4. マルチプレックス測定に対応(最大 6-plex)

超高感度検出を可能にする測定原理: Simoa® Bead Assay

  1. サンプル、キャプチャー抗体をコートした磁気ビーズ、ビオチン標識した検出抗体、ストレプトアビジン標識した酵素、洗浄バッファーを用意して装置にセットします。
  2. 装置内で自動で反応が行われImmuno-complexが作られます。
  3. 検出試薬(基質)を自動添加します。
  4. 基質添加後ただちに専用の測定ディスク(Simoa Disc)に自動分注されます。
  5. 測定ディスクには24個のスリットがあります。1つのスリットには、50フェムトリットル(fL)サイズの微小ウェルが約200,000個アレイされています。スリットにサンプルがロードされると、ビーズが微小ウェルの中に入ります。1つのウェルには1個のビーズだけが入ります。
  6. ウェルの表面がオイルでコートされます。
  7. アナライトが反応したビーズが入ったウェルは化学蛍光で光ります。
  8. 装置が自動で画像を撮影し、専用の解析アルゴリズムにより検量線からアナライト濃度を自動算出します。
  9. マルチプレックスアッセイでは、自家蛍光の波長と蛍光強度が異なる磁気ビーズを使用することにより、装置がアナライトを自動で見分けます。
hdx_principle
simoa_technology_4

Simoa Bead Technology ホワイトペーパーをダウンロードする

Simoa Bead Technologyをムービーで見る

Simoa Bead Technology FAQをダウンロードする

Simoa® HD-X ワークフロー

Simoa HD-Xシステムでは、反応工程とデータ解析がすべて自動化されています。そのため、実験作業を省力化できるだけでなく、実験者間差や施設間差の少ない再現性の高いデータ取得が可能です。

Simoa HD-X ワークフロー

1回の測定で最大288データポイントを全自動で測定します。96測定の所要時間は約2.5時間です(アッセイによる)。288測定を1日で完了できます。

ワークフローの比較

デモ・製品説明を依頼する 見積りを依頼する

様々な疾患のバイオマーカー測定に使用されています(アプリケーション)

神経変性疾患(Neurology)
神経変性疾患アイコン

Simoa HD-Xは、神経バイオマーカーを従来の測定法をはるかに凌駕する感度で測定できます。そのため、神経バイオマーカーを、脳脊髄液(CSF)からだけでなく、血清・血漿から測定することが可能です。血液検査(Blood Test)はCSF検査と異なり、患者の負担や副作用が少なく、繰り返しの測定も可能なため、認知症をはじめとする神経変性疾患の新たなバイオマーカー検査法になることが期待されています。

・アルツハイマー病(AD)
・多発性硬化症(MS)
・パーキンソン病l筋萎縮性側索硬化症(ALS)
・ハンチントン病
・前頭葉型認知症(FD)
・進行性核上皮麻痺
・ダウン症
・外傷性脳損傷(Concussion / Traumatic Brain Injury)
・てんかん
 など

Simoa HD-Xでは様々な神経バイオマーカーアッセイキットを取り揃えています。特にNeurofilament Light Chain(NfL)は様々な神経疾患に適用可能な新たな血液バイオマーカーとして注目を浴びており、多くの論文が発表されています。

・Neurofilament Light(NfL)
・Phospho Neurofilament heavy(pNF)
・Aβ40
・Aβ42
・TauPhospho Tau(pTau)
・GFAP
・TDP43
・各種サイトカイン
 など

関連ページおよびダウンロード資料
循環器疾患(Cardiology)
アイコン循環器疾患

Simoa HD-Xは、循環器疾患(心疾患)のバイオマーカーを超高感度に測定が可能です。心筋傷害マーカーであるトロポニンの測定では、健常レベルのトロポニンでも超高感度に定量可能です。心疾患リスクの早期予測、副作用リスク患者の層別化などへの応用が期待されています。

Simoa HD-Xでは様々な神経バイオマーカーアッセイキットを取り揃えています。

・Troponin-I(cTnI)
・NT-proBNP
・各種サイトカイン

関連ページおよびダウンロード資料
がん(Oncology)
がん_アイコン

Simoa HD-Xの超高感度測定を用いて、低濃度のサイトカインやケモカイン、可溶性PD-1やPD-L1、腫瘍マーカーなどを、血液サンプルからこれまでよりも早期に測定することが可能です。早期再発予測、アジュバンド化学療法などの適用・非適用の早期決定、残存腫瘍の検出と再発モニタリング、サイトカインシンドロームなどの副作用の早期診断などへの応用が期待されています。

また、神経バイオマーカーであるNeurofilament Light Chainは、脳腫瘍の血液バイオマーカーとして有用であることが示唆されています。

Simoa HD-Xでは様々な癌関連バイオマーカーアッセイキットを取り揃えています。

・各種サイトカイン・sPD-L1・sPD-1・CEA・CA19-9・CA-125・PSA・Cathepsin S・Neurofilament Light Chain(NfL)for 脳腫瘍
 など

関連ページおよびダウンロード資料

サイトカイン・ケモカインの超高感度マルチプレックス測定には姉妹製品のSP-Xがお奨めです。

免疫疾患および炎症(Immune Disease and Inflammation)
アイコン免疫疾患

Simoa HD-Xは血漿・血清中の低濃度なサイトカインを超高感度に測定することができます。自己免疫疾患をはじめとする免疫疾患や炎症疾患の病態解明などにお役にたてます。

Simoa HD-Xのサイトカインアッセイキットは、その多くが健常レベルのサイトカインを測定できるほどの測定感度を有します。

関連ページおよびダウンロード資料

サイトカイン・ケモカインの超高感度マルチプレックス測定には姉妹製品のSP-Xがお奨めです。

感染症(Infectious Disease)
アイコン感染症

Simoa HD-Xは超高感度な測定が可能なため、ウイルス感染の超早期診断への応用が期待されています。Simoa p24アッセイは核酸増幅試験(NAT)と同等の感度でより簡便にHIV感染を診断できることが示唆されています。

また、Simoa Homebrew assay(カスタムアッセイ)により細菌毒素検出アッセイ系の構築なども行われています。

・HIV p24・MCP-1・IL-7・GM-CSF

関連ページおよびダウンロード資料

サイトカイン・ケモカインの超高感度マルチプレックス測定には姉妹製品のSP-Xがお奨めです。

デモ・製品説明を依頼する 見積りを依頼する

Simoa® HD-X アッセイメニュー

アッセイキット

超高感度オートELISA Simoa HD-Xには、Ready-to-Useのアッセイキットと、お客様ご自身でアッセイを構築いただくHomebrew Assayの2種類をご利用いただけます。

■ Ready-to- Use アッセイキット

80種類以上のアッセイキットをご用意しています。詳細はアッセイキットのページをご欄ください。

アッセイキットのページを見る

■ Homebrew アッセイ

Homebrewアッセイキットをご使用いただくことで、お客様ご自身でアッセイを構築していただけます。
また、Quanetrix 社の Simoa Accelerator Laboratoryではアッセイ構築サービスを提供しています。

Simoa Bead Homebrew アッセイのアプリケーションノートをダウンロードする

ウェビナー

超高感度オートELISA Simoa HD-Xシステムについてウェビナーでご覧いただけます。
下記以外のウェビナーはQuanterix社のウェビナーページでご覧ください。

webinar_1
webinar_2
webinar_3
SIMOA HD-X ANALYZER™
JUNE 24, 2019
SIMOA BEAD TECHNOLOGY
JUNE 24, 2019
BIOMARKERS FOR NEURODEGENERATIVE RESEARCH: GREG WARNER, PHD
JUNE 24, 2019
webinar_4
webinar_5
webinar_6
ULTRA-SENSITIVE IMMUNOASSAYS: BEYOND BIOMARKERS AND INTO PK AND IMMUNOGENICITY
JUNE 21, 2018
ULTRA-SENSITIVE DETECTION OF INTERFERON ALPHA PROTEIN IN HUMAN DISEASE BY DIGITAL ELISA
MAY 15, 2018
PRECISION HEALTH: USING BLOOD BIOMARKERS TO DETECT AND PREVENT DISEASE
MARCH 29, 2018
webinar_7
webinar_8
webinar_9
PREDICTING PROGRESSION OF NEURODEGENERATION WITH A BLOOD TEST: HOW NEUROFILAMENT LIGHT PROTEIN MAY BE A GAME-CHANGER FOR THERAPEUTIC DEVELOPMENT IN HUNTINGTON’S DISEASE
SEPTEMBER 14, 2017
BIOMARKERS FOR PRECISION HEALTH: ENABLING APPLICATIONS FOR NEUROLOGICAL DISEASE DETECTION AND MONITORING
JUNE 28, 2017
PERSONALIZED MEDICINE: THE NEED FOR PRECISE PROTEIN QUANTIFICATION AND IDENTIFICATION
APRIL 18, 2017
webinar_10
webinar_11
NOVEL CNS BIOMARKER APPLICATIONS ENABLED BY SINGLE-MOLECULAR ARRAY (SIMOA) TECHNOLOGY: TAU IN PRE-CLINICAL AND CLINICAL STUDIES
DECEMBER 2, 2016
BLOOD BIOMARKERS FOR CNS DISORDERS
OCTOBER 5, 2016

デモ・製品説明を依頼する 見積りを依頼する

製品番号 100438
製品名 Simoa HD-X システム
測定原理 Simoa BEAD Assay
Assay performance
感度

fM(フェムトモーラー)レベル

*アッセイキットにより異なります。

ダイナミックレンジ > 4 logs
測定精度 CV<10%
Instrument specification
シグナル検出 化学蛍光
マルチプレックス 最大 6-Plex
サンプルフォーマット 96ウェルプレートx4枚、あるいは サンプルチューブx96本
装填可能ディスク数 32枚(1ディスクあたり24データポイント)
マルチプレックス 最大 6-plex
1ラン(1バッチ)の測定数 288 データポイント
測定時間 < 2.5時間(96ウェルプレート x1枚)*通常のアッセイの場合
測定自動化 アッセイ開始(キャプチャー抗体の反応)~データアウトプットまで全自動
バーコードリーダー 標準付属
コンピューター 内蔵
装置サイズ(WDH) 141.4 x 89.7 x 161.2 cm
装置重量 294 kg
消費電力 100V/10.5A(1050W)
必要電源 100V / 15A / 50-60 Hz x系統
付属物 Simoaプレートシェイカー 1台
インストレーションキット 1式