> > 分子間相互作用解析装置

セルベースでの膜タンパク質-リガンドのアフィニティ測定、あるいはpM~fMの以上の高親和性抗体のアフィニティ測定が可能な分子間相互作用解析装置を取り扱っております。どちらもSPRでは困難な測定対象です。

膜タンパク質用セルベース分子間相互作用解析装置

細胞表面に発現するタンパク質とそれに結合する抗体やリガンドのカイネティックスやアフィニティを計測する、セルベースのタンパク質相互作用解析装置です。難溶性膜タンパク質に対するリガンドのKD測定を可能にします。

ハイアフィニティー分子間相互作用解析システム

結合平衡除外法(Kinetic Exclusion Assay: KinExA法)を用いた分子間相互作用解析装置です。SPRでは難しいpMからfMレベルのkd値を持つ非常に強い結合でも、正確に定量解析を行う事ができます。