製品・サービス

製品から探す

近赤外蛍光スキャナー Odyssey CLx イメージングシステム

LI-COR LI-COR
近赤外蛍光スキャナー Odyssey CLx イメージングシステム
  • 研究テクノロジー

    • プロテオミクス/タンパク質研究
  • 研究分野

    • ライフサイエンス全般
    • がん研究
    • RNAi 研究
    • 創薬研究
    • 認知症・老化研究/神経医学
    • 感染症・免疫・炎症研究
    • 再生医療・iPS細胞研究

特長

近赤外蛍光ウェスタンブロッティングの利点

ウェスタンブロッティングの目的は何ですか? 定性? 定量?
定量ウェスタンブロッティングを目的とされているならば、近赤外蛍光法がお奨めです。

化学発光法と比較して、はるかに定量直線性に優れたデータを、少ない苦労でしかも確実に取得していただけます。

またマルチプレックス検出が可能なので、分子量が近い複数のタンパク質を、ストリッピングせずに同じメンブレンから検出して定量していただけます。
例えば、ハウスキーピングタンパク質とターゲット・タンパク質を同じメンブレンから同時に検出していただけます。

「ウェスタンブロッティングには定量性がない」そんな常識をお持ちの方にこそ試していただきたい優れた検出方法です。

1. “酵素反応” それが問題です。近赤外蛍光法は酵素反応を必要としません。

化学発光法(ケミルミ法)は酵素反応を利用するため、基質添加からの経過時間によりシグナル強度が変動します。
そのため、抗原量(サンプル量)に対してプロポーショナルなシグナル強度を再現性良く取得するのが困難です。
また、定量直線性の得られる範囲も狭くなってしまいます。

蛍光法を使うとこの問題を克服していただけます。
蛍光試薬でラベルされた二次抗体を使用し酵素反応に頼らないため、常に一定の安定したシグナルを得ることが可能です。
そのため、抗原量(サンプル量)に対してプロポーショナルなシグナル強度が得られます。
また、定量直線性のある範囲も、化学発光法と比較してはるかに拡大します。
基質の枯渇によるサチュレーション(白抜け)の心配もございません。

近赤外蛍光法は酵素反応を必要としません

蛍光は褪色するので定量には使えない?
安心してください。LI-COR社推奨の近赤外蛍光試薬IRDye®はイメージ取得中に褪色してしまう心配はまずありません。
それどころか、数か月以上にわたって安定したシグナルを維持することがわかっています。

2. 蛍光ウェスタンは感度が低い? 本当にそうでしょうか?

ウェスタンブロット実験では検出感度が大切です。
では、蛍光検出法の検出感度は化学発光法(ケミルミ法)と比較してどうでしょうか?

可視波長の蛍光(可視蛍光)ではメンブレン由来のバックグラウンドが大きいため、十分なシグナルノイズ比を確保することは困難です。
しかし、700nm以上の近赤外波長の蛍光(近赤外蛍光)では、PVDFメンブレンとニトロセルロースメンブレンともに自家蛍光によるバックグラウンドが著しく小さいため、高いシグナルノイズ比を確保できます。

化学発光法で普通に検出できているバンドであれば近赤外蛍光法でも問題なく検出していただけます。

可視蛍光と近赤外蛍光の比較1
可視蛍光と近赤外蛍光の比較2

3. 異なるタンパク質を同時に検出

化学発光ウェスタンブロットと違い、蛍光ウェスタンブロットでは、複数の異なるタンパク質を1枚のメンブレンから同時に検出していだいただけます。

例えば、ハウスキーピングタンパク質と目的タンパク質を、ストリッピングとリプロービングをしないで同一メンブレンから同時に検出していただけます。
過剰なストリッピングあるいはストリッピング不足により定量性を損ねる心配はありません。

さらに、Odyssey® CLxイメージングシステムの広いダイナミックレンジ(6桁)を活かして、高発現タンパク質(例:ハウスキーピングタンパク質)と低発現タンパク質(例:目的タンパク質)を同じ露光設定で解析が可能です。
そのため定量性を改善していただけます。

このマルチプレックス検出は、リン酸化ウェスタンブロット解析などの翻訳後修飾の解析で特に威力を発揮します。
リン酸化解析では、リン酸化ターゲットのシグナル強度をトータル・ターゲット(リン酸化+非リン酸化)のシグナル強度で補正します。
この2つのバンドの分子量はほとんど変わらないため、化学発光法ではリプロービングが必須でした。
しかし、近赤外蛍光ウェスタンブロッティングなら、リプロービングせずに異なる色で別々に同時検出していただけます。

マルチプレックス検出

では、使える蛍光の種類(色)が多ければ多いほど良いのでしょうか?

それは考えものです。
可視波長の蛍光はバックグラウンドが高いため、十分な感度と定量性を確保するのが困難です。

やはり近赤外蛍光領域で実験と検出を行っていただくことが大切になります。

サチュレーションから解放されます

近赤外蛍光ウェスタンブロッティングは、化学発光法と異なり、基質の枯渇による白抜けの心配がありません。
さらに、Odyssey® CLXイメージングシステムは6桁の広いダイナミックレンジを持つので、画像がサチュレーションすることもありません。

そのため、 Odyssey® CLXイメージングシステムをご使用いただくと、化学発光法と比較して、はるかに定量直線性に優れたデータを、少ない苦労でしかも確実に取得していただけます。
バンドごとに適した露光時間を探すという今までの苦労から解放されます。

メンブレンごとに露光時間を調整する必要はありません。
常に「Autoモード」で画像スキャンすれば、弱いバンドから強いバンドまで撮影していただけます。
露光時間が常に同じなので、ブロット間での定量再現性の確保が簡単になります。

サチュレーションからの解放
定量再現性を確保

近赤外蛍光レーザー による励起

蛍光イメージングシステムの励起光源には様々な種類がありますが、それぞれの利点と不利点をご存知でしょうか?

Odyssey® CLx イメージングシステムでは、近赤外蛍光の励起にレーザー光源を2本使用しています(685 nmと785 nm)。
レーザー光源は、LED光源と異なり波長特異性が高いため検出側への漏れ込によるバックグラウンドが少なく、励起パワーも強いという特徴があります。
そのため検出感度の点で利点がございます。

近赤外蛍光レーザー
近赤外蛍光レーザーの特長

次世代定量ウェスタンブロット解析ソフトウェア Empiria StudioTM

Odyssey® CLXイメージングシステムには、”次世代定量ウェスタンブロット解析ソフトウェア” Empiria StudioTMが付属します。

綺麗なウェスタンブロット画像が欲しいですか?

優れた定量データが欲しいですか?

定量ウェスタンブロッティングを行う目的は何ですか?

論文掲載のための説得力の高い美しい画像はもちろん重要ですが、最も大切なのは定量データです。

近年、Journal of Biological Chemistry(JBC)を中心に、定量ウェスタンブロットデータの論文投稿規定がますます厳しくなりつつあり、“正しい” データ解析を行うことが求められています。
Empiria StudioTM ソフトウェアは「エキスパートレベルの解析」を「間違いなく」しかも「短時間で誰でも簡単に」行うべく、トップジャーナルとのコラボレーションにより作られたソフトウェアです。

  • 最新の論文投稿規定とEmpiria StudioTM ソフトウェアについてはこちらでご覧ください。

充実した試薬類と実験プロトコル

Odyssey Western Blotting kit (TBS) for 926-34010,11,12,13

近赤外蛍光による定量ウェスタンブロットのための充実した試薬類を取り揃えています。

ブロッキングバッファー、近赤外蛍光標識二次抗体、総タンパク質染色ノーマライゼーション試薬など、ほとんどの実験ステップの試薬類がございます。

ウェスタンブロット用 試薬および消耗品のページをご覧ください。

documents

化学発光ウェスタンからどうやって移行すればよいのかわからない?

ご安心ください。充実のプロトコルが皆様のご実験をお手伝いします。
LI-COR社は最新の論文投稿ガイドラインを満たすプロトコルをご提供しています。

日本語版の近赤外蛍光ウェスタンブロット実験ガイドをご希望の方は弊社までお問い合わせください。

インターネットによるオンデマンド・トレーニングも受講いただけます。下の画像をクリックしてください。
各実験ステップ、解析ステップのコツも含めて解説しています(言語は英語)。

western_blot_training

テクニカル講習会も開催しております。ご希望の方はお問い合わせください。

多様なアプリケーション

Odyssey® CLx イメージングシステムは、メンブレンだけでなく、マルチウェルプレートや組織切片スライドのスキャンも可能です。

それにより近赤外蛍光の利点を活かした様々なアプリケーションが可能です。

多彩なフォーマットに対応

近赤外蛍光アプリケーション 一覧

近赤外蛍光 ウェスタンブロッティング
In-Cell ウェスタン アッセイ
近赤外蛍光ウェスタンブロッティング In-Cell ウェスタンアッセイ
ゲルシフトアッセイ
タンパク質ゲル
DNAゲル
ゲルシフトアッセイ タンパク質ゲル DNA ゲル
組織切片イメージング
In-Gelウェスタン
RNAi解析
組織切片イメージング In-Gel ウェスタン RNAi 解析
Glycoprotein
Detection
Microwestern Array On-Cell Western
Assay
Protease Assay
Protein Array Reporter Gene Assay Reverse Phase Lysate
Array
Transcription Factor
Assay

 豊富な論文実績

paper_icon

Odyssey® シリーズは10,000報以上の豊富な論文実績がございます。

論文例はLI-CORPublication Databaseで検索してください。

Research Area別、アプリケーション別、製品別、国別、発表年別に論文を検索していただけます。

Featured Publications

Gruosso, T., et al.

Chronic oxidative stress promotes H2AX protein degradation and enhances chemosensitivity in breast cancer patients

EMBO Mol Med., Mar 2016; 10.15252/emmm.201505891

Lim, S-O., et al.

EGFR Signaling Enhances Aerobic Glycolysis in Triple-Negative Breast Cancer Cells to Promote Tumor Growth and Immune Escape

Cancer Res., Mar 2016; 76: 1284 – 1296.

Nicole M. Gardner, N.M., et al.

Elevated Nuclear and Cytoplasmic FTY720-Phosphate in Mouse Embryonic Fibroblasts Suggests the Potential for Multiple Mechanisms in FTY720-Induced Neural Tube Defects

Toxicol. Sci., Mar 2016; 150: 161 - 168.

Manna, S., et al.

ERRα Is a Marker of Tamoxifen Response and Survival in Triple-Negative Breast Cancer

Clin. Cancer Res., Mar 2016; 22: 1421 - 1431.

Shirai, T., et al.

The glycolytic enzyme PKM2 bridges metabolic and inflammatory dysfunction in coronary artery disease

J. Exp. Med., Mar 2016; 213: 337 - 354.

Fowler, D.K., et al.

Improved knockdown from artificial microRNAs in an enhanced miR-155 backbone: a designer's guide to potent multi-target RNAi

Nucleic Acids Res., Mar 2016; 44: e48.

Leonhard, W.N., et al.

Inhibition of Activin Signaling Slows Progression of Polycystic Kidney Disease

J. Am. Soc. Nephrol., Mar 2016; 10.1681/ASN.2015030287.

Majoros, A., et al.

Response to interferons and antibacterial innate immunity in the absence of tyrosine-phosphorylated STAT1

EMBO Rep., Mar 2016; 17: 367 - 382.

Eaton, S.L., et al.

Total Protein Analysis as a Reliable Loading Control for Quantitative Fluorescent Western Blotting

PLoS One, Aug 2013; 8: e72457.

 ウェビナー

Infrared Fluorescence
Rethinking
Use of ICW
Infrared Fluorescence Imaging: Making Western Blots More Quantitative Rethinking the Traditional Western Blot – Using ICW Assay in Alzheimer’s Disease Research Use of the In-Cell Western™ Assay on RNAi Screens
RNAi Knockdown
Chemi-IR Detection
more webinar
RNAi Knockdown using Quantitative Western Blotting and In-Cell Western™ Assays and Analysis Chemi-IR™ Detection of Western Blots on Odyssey Imager More Webinars

仕様

製品番号 9141-00
品名 Odyssey® CLXイメージングシステム
イメージングエリア 25 x 25 cm
励起光源 685 nm solid-state diode laser(685nm 半導体レーザー)
785 nm solid-state diode laser(785nm 半導体レーザー)
検出器 Silicon avalanche photodiodes
スキャンスピード 5 – 40 cm/s
解像度 21–337 μm
ダイナミックレンジ 4 logs(マニュアル)、> 6 logs(オート)
焦点レンジ 0–4 mm
レーザー寿命 通常 40,000 時間
動作環境 15–35 ℃(露点20℃未満)
本体サイズ W53 x D62 x H37 cm
本体重量 33 kg
本体の必要電源 100-240 VAC(変動幅10%まで)、最大 4A、50/60 Hz
付属コンピューター Windows 10 コンピューター
 ※ Macにも対応しています。Macご希望の方はお問い合わせください。
付属ソフトウェア Image Studio ソフトウェア(1ライセンス)
Empiria Stduioソフトウェア(10ライセンス)

 資料ダウンロード

日本語資料

カタログ

マニュアル

近赤外蛍光ウェスタンブロッティング 実験ガイド(お問い合わせください)

英語資料

Brochure

Integrated Imaging Solutions

Near-Infrared Fluorescence Applications Brochure

Manuals

Odyssey CLx Manual

Image Studio 5.x Quick Start Guide for Odyssey CLx

Software Documents and Video Tutorials

Embedded Firmware information for Odyssey CLx

Protocols to Meet Western Blots Publication Guideline

Determining the Linear Range for Quantitative Western Blot Detection

Housekeeping Protein Validation Protocol

Housekeeping Protein Normalization Protocol

REVERT Total Protein Stain Normalization Protocol

Pan/Phospho Analysis for Western Blot Normalization

Quantitative Western Blot Analysis with Replicate Samples

Good Normalization Gone Bad

Technical Notes for NIR Fluorescent Western Blots

Good Westerns Gone Bad: Tips to Make Your NIR Western Great

Near-infrared Western Blot Analysis

One-Blot Western Optimization Using the MPX Blotting System

Western Blot Normalization: Challenges and Considerations for Quantitative Analysis

Technical Notes for Other Applications

Apoptosis Example using ICW Assay: Seeding, Induction, and Detection of HeLa Cellular Response to Anisomycin Treatment

Electrophoretic Mobility Shift Assay (EMSA) Using IRDye Oligonucleotides

Glycoprotein Detection with the Odyssey Infrared Imaging System

Using the Cellomics Slideport Slide Holder with Odyssey Imagers

On-Cell Western Assay for Targeted NIR-Labeled Optical Imaging Development

White Papers

Quantitative, Two-Color Western Blot Detection With Infrared Fluorescence

Near-Infrared Fluorescence Imaging: Seeing Beyond the Visible with IRDye Infrared Dyes

関連製品

この製品に関するお問い合わせ

製品に関するご質問や技術的なお問い合わせなどはこちらのフォームをご利用ください。
会員登録済みのお客様はログインいただくことで、ご入力を省略して簡単にお問い合わせいただけます。

入力フォーム読み込み中…フォームが表示されない場合