HOME > 製品・サービス > 分子間相互作用解析装置 > 膜タンパク質用セルベース分子間相互作用解析装置

Ridgeview Instruments AB社

膜タンパク質用セルベース分子間相互作用解析装置   LigandTracer

LigandTracer
  • セルベースでタンパク質相互作用を解析
  • シンプルな原理で、細胞表面へのタンパク質・化合物の結合をリアルタイムに測定
  • 細胞内への取り込み、細胞外への放出も検出可能
  • 磁気ビーズを利用したセルフリーな実験にも応用
製品1
製品2
製品3
製品4
一般の実験室で使いやすい蛍光検出モデルです。
検出カセットの交換でEx/Em:488/535、590/632、632/670nmの蛍光プローブをご利用いただけます。
125I、32Pで標識したタンパク質を測定に用いる際に適したモデルです。 PET/SPECTで使用するプローブの評価に適したモデルです。111In、177Lu、99Tc、18F、11Cなどを検出します。 14C、35S、33Pなどを含む化合物・ペプチドの評価に適したモデルです。

この製品に関するお問い合わせ

製品に関するご質問や技術的なお問い合わせなどはこちらのフォームをご利用ください。
会員登録済みのお客様はログインいただくことで、ご入力を省略して簡単にお問い合わせいただけます。

入力フォーム読み込み中…フォームが表示されない場合