HOME > 製品・サービス > ピペットチップ洗浄システム > 自動チップウォッシャーTipNovusシリーズ > ピペットチップの不足にお困りではありませんか?

アプリケーション事例

ピペットチップの不足にお困りではありませんか?

使い捨てピペットチップ、特に自動分注装置用のピペットチップの在庫確保にお困りではありませんか?

現在、新型コロナウイルスの影響により、世界中でピペットチップの供給不足が起こっています!

もし使い捨てピペットチップを洗浄して再利用することができたら?

米国Grenova社のTipNovusはそんな夢を実現できる装置です。

ピペットチップの在庫不足の問題を解決
自動チップウォッシャー TipNovusシリーズ

TipNovusMINI

TipNovusシリーズは、24/96/384ラックでピペットチップを洗浄し、再利用することを可能にします。
自動分注装置メーカー各社のラックに対応しています。

ピペットチップを洗浄して再使用するなんて心配かもしれませんが、TipNovusシリーズは、ELISA、質量分析、定量PCR(リアルタイムPCR解析)、次世代シーケンス(NGS)など、様々な分析で使用されている実績がございます。

ピペットチップを洗浄して再利用することは、実験に必要なチップ確保の心配を解消できるだけでなく、ランニングコストの削減と環境負荷の低減も実現できるため、ピペットチップ不足が解消されたアフター・コロナの業務でもお役立ていただけます。

TipNovusシリーズでピペットチップの不足を解消(フライヤー)

TipNovusの特徴と利点

  特徴 利点
処理スピード 6~24 チップラック/時間* 洗浄から乾燥まで短時間で行うことでチップ再利用のサイクルを早め、コスト削減とピペットチップ不足の解消に大きく貢献できます。
対応チップ 各社の様々なチップラックに対応可能 1種類のピペットチップを使用した1つの仕事だけでなく、1部署で実施する多くのお仕事にご利用いただけます。例えば、TipNovus Mini 96は、ホルダーを変えることで各社の様々な96チップラックに対応します。
フレキシビリティ 純水、ブリーチ、専用洗浄液GrenoClean+など最大4種類を使用可能。洗浄メソッドをカスタマイズして利用可能。 チップの使用目的に合わせて効果的な洗浄メソッドを組むことで、洗浄後のピペットチップを用いても実験結果(検査結果)に影響しません。

*機種によります。詳細はお問い合わせください。 

例えば・・・

現在1サンプルの測定に対し6本の新品ピペットチップを使用している場合、検体1つに新品ピペットチップ1本を使用し、試薬の分注に洗浄済みのリユースチップ5本を使用することで、全体の使用量の80%を削減することができます!

TipNovus_80% reduction

TipNovusシリーズの製品カタログをダウンロード

脱プラスチックにも貢献

現在、世界は「脱プラスチック」へと突き進んでおり、ESG(環境・社会・ガバナンス)投資など各企業の環境への配慮を基準にした投資活動も大きな潮流となっています。日本国内でも政府から、企業が機関投資家等に行う環境報告の為のガイドラインが作成されるなど、活発な動きが見られます。

Grenova社のTipNovusは、企業の環境対策を評価する著名な非営利団体CDP(Carbon Disclosure Project)より、最高位のA評価を得ている企業でも導入が進んでいます。TipNovusを導入し、プラスチック製ピペットチップを洗浄・再利用することは、持続可能な社会の構築、投資の呼び込み等に寄与できるでしょう。

※ CDP(Carbon Disclosure Project)は、「気候変動」「ウォーター(水)」「フォレスト(森林)」を活動領域として、企業に対し8段階で評価を行います。世界的に優秀な企業として評価された企業を最高位「A」として選定します。

バイエル社の取り組み

TN_BAYER

バイエルAG社は昨年、Grenova社の自動チップウォッシャーを導入し、プラスチック製ピペットチップの洗浄&再利用を行い、消耗品の削減を行いました。
バイエルAG社はCDP評価機関より『ダブルA』の高評価を受けています。

“CDPの評価は、我々が持続可能性の分野で世界をリードする企業の1社であるという重要な事実と認識しています”
Werner Baumann(バイエルAG社 取締役会長兼持続可能性担当)

よくあるご質問と回答

Q:国内外での導入状況は?
A:全世界では、約200台の導入実績があります(2020年末時点)。日本国内でも大手製薬企業様ですでに導入、臨床検査センター様でのデモ実施・お問い合わせが増加しております。

Q:フィルター付きチップは洗浄できますか?
A:フィルター付きチップは洗浄できません。チップ内に高圧のDI水を通す工程があるため、フィルター付きチップでは使用できません。チップ不足の影響や、コストカットの観点から、ご提案として試薬の分注等をフィルターのないチップに切り替えることが考えられます。

Q:どんなチップを洗浄できますか?
A:各メーカーのフィルターのない10μL~5mlのプラスチックチップを洗浄できます。導電性チップも洗浄可能です。

Q:キャリーオーバーが心配ですが?
A:各種サンプルでの洗浄データがございます。資料ダウンロードページをご覧ください。

Q:デモは可能ですか?
A:デモ機をご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください。各メーカーに対応したアダプターもご用意できます。

Q:本体以外に動作に必要なものはありますか?
A:給水・廃液用ボトル、エアコンプレッサーが必要となります。

TipNovusシリーズの製品ページを見る

資料ダウンロード